Twitterに投稿 はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加 Google Bookmarksに追加

目次 >> AWS

Amazon Web Services (AWS)の設定と使い方

ここでは、Amazon Web Services (以下AWS)を使いHPCクラスターを作成してみる。
クラスターを作るのに使うのは、Amazon謹製のcfnclusterである。
これの優れているところは、必要に応じて、10機や100機あるいは1000機の計算機を束ねたクラスターを容易に作れる点である。
以前であれば、100機レベルのクラスターとなると、大学や大企業などで数千万単位の予算を組まないと手に入らないものであった。しかもたいていの場合多くの人と共用である。
それが、AWSを使えば、100台のクワッドコアのマシンを使う場合(4CPUを持つm4.xlargeのスポットインスタンス100つ)、1時間当たり400円程度で自分専用に使うことができる。すなわち、アマチュア科学者でも流体計算など大規模な計算を休日のレジャーと同じくらいの費用でできてしまうのである。

目次



最終更新日


本文中のFC4はFedora ProjectのFedora Core 4を、FC5はFedora Core 5を、FC6はFedora Core 6をopenSUSEはNovellのSUSE Linux OSSを表します。Fedora7以降は、単にFedora7、Fedora8、Fedora9、Fedora10、Fedora11、Fedora12、Fedora13、Fedora14、Fedora15と表示しています。Ubuntuは、必要に応じて17.04、18.04のようにバージョン番号をつけて区別しています。

ここに登場するドメイン名やIPアドレスなどはフィクションです。実在の人物・団体等とは一切関係がありません。
実際に使用する際は、各自の環境に合わせて書き換えてください。
もし何か間違いなどありましたらこちらからご連絡ください
リンクに許可は不要です。
Copyright (C) 2014 Chikuma Engineering Co., Ltd. All Rights Reserved.