Twitterに投稿 はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加 Google Bookmarksに追加

目次 >> AWS >> cfnclusterの停止および削除

cfnclusterの停止および削除

クラスターの一時停止

クラスターを使わないときは、マスターノードをstopさせて課金されないようにしておくこともできる。
ただし、この際インスタンスには課金が止まるが、確保しているディスク容量に対してはもちろんのこと、グローバルIPアドレスにも、課金されるので注意が必要である。

クラスターの削除

不要になった使い終わったクラスターは

cfncluster delete mycluster

で削除する。このコマンドでマスターノード及び計算ノードのすべてが削除される。
なお、cfncluster deleteを実行するのは、cfncluster createを実行したインスタンスから実行する必要はない。
もし、cfncluster createを実行したインスタンスを削除してしまっている場合は、新たに適当なインスタンスを立ち上げて、

sudo easy_install cfncluster

でcfncluster deleteコマンドをインストールして、cfncluster deleteコマンドを実行すればよい。


最終更新日


本文中のFC4はFedora ProjectのFedora Core 4を、FC5はFedora Core 5を、FC6はFedora Core 6をopenSUSEはNovellのSUSE Linux OSSを表します。Fedora7以降は、単にFedora7、Fedora8、Fedora9、Fedora10、Fedora11、Fedora12、Fedora13、Fedora14、Fedora15と表示しています。Ubuntuは、必要に応じて17.04、18.04のようにバージョン番号をつけて区別しています。

ここに登場するドメイン名やIPアドレスなどはフィクションです。実在の人物・団体等とは一切関係がありません。
実際に使用する際は、各自の環境に合わせて書き換えてください。
もし何か間違いなどありましたらこちらからご連絡ください
リンクに許可は不要です。
Copyright (C) 2014 Chikuma Engineering Co., Ltd. All Rights Reserved.