Twitterに投稿 はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加 Google Bookmarksに追加

目次 >> ffmpeg >> Opusでエンコードする

Opusでエンコードする

コーデックには

-acodec libopus

を指定する。

ビットレートを指定する

可変ビットレート、固定ビットレートとも、ビットレートを指定するには-b:aで指定する。

-b:a 128k

この場合、128kbpsに指定している。

許容範囲内といえる最小ビットレートは80kbps、推奨ビットレートは128kbps以上である。

固定ビットレートと可変ビットレートモード

Opusでは、デフォルトは可変ビットレートである。固定ビットレートにするには

-vbr off

とする。

-vbr on

とすると可変ビットレートになるが、デフォルトでこのようになっているのでわざわざ指定する必要はない。

会話向けに最適化する

-application voip

オプションをつけると、会話向けに最適化される。
デフォルトでは

-application audio

音楽向けとなっている。
このほかに

-application lowdelay

という遅延を少なくするオプションもある。

最終更新日


本文中のFC4はFedora ProjectのFedora Core 4を、FC5はFedora Core 5を、FC6はFedora Core 6をopenSUSEはNovellのSUSE Linux OSSを表します。Fedora7以降は、単にFedora7、Fedora8、Fedora9、Fedora10、Fedora11、Fedora12、Fedora13、Fedora14、Fedora15と表示しています。Ubuntuは、必要に応じて13.04、14.04のようにバージョン番号をつけて区別しています。MandrivaはMandriva Linuxを表します。

ここに登場するドメイン名やIPアドレスなどはフィクションです。実在の人物・団体等とは一切関係がありません。
実際に使用する際は、各自の環境に合わせて書き換えてください。
もし何か間違いなどありましたらこちらからご連絡ください
リンクに許可は不要です。
Copyright (C) 2014 Chikuma Engineering Co., Ltd. All Rights Reserved.