Twitterに投稿 はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加 Google Bookmarksに追加

目次 >> PDF

PDFについていろいろ

ここではPDFについていろいろて述べる。

きれいなPDFを作成するには?

昔からAdobe Acrobat(いわゆるWriter)はバグが多いが、今でも少し複雑なパワーポイントファイルなどを変換しようとすると、意図しない結果となることがままある。また、Wordなどに内蔵されているPDF出力も簡易的なものであり、出版レベルのPDFを作ることはできない。
一方、ポストスクリプトプリンタは、多くの場合意図した通りの印刷結果が得られる。
PDFに変換する際に、印刷でAcrobatを選ばず、一端ポストスクリプトプリンタドライバを経由してポストスクリプトで出力し、それをファイルに保存して、ポストスクリプトファイルからDistillerもしくはps2pdfで変換するとより精度の高いPDFが得られる。
手順は下記の通り。

1.ポストスクリプトプリンタを選択し印刷する。その際にファイルに出力するようにする。
2.拡張子がprnとなっているのでそれをpsに変える。
3.このポストスクリプトファイルをAdobe distillerかps2pdfでPDFに変換する。Adobe distillerで変換する場合、カラースペースがRGBになっていないとくすんだ色になるので注意。

ポストスクリプトプリンタのドライバは何でもよいが、自分はXeroxのプリンタを使っていることもあり、Xeroxのプリンタドライバをインストールしている。Adobe distillerは有償ソフトであるが、ps2pdfはフリーのGhostscriptに付属している。

PowerPointスライドを高解像度のJPEGやPNGやTIFFファイルに変換する

PowerPointから直接JPEGやTIFFなどの画像ファイルに変換すると最大解像度は300DPIである。場合によってはこれ以上の解像度で図を作成したい場合がある。

上記の方法を使うと、非常に高精度なPDFを作成することができる。上記の方法でPowerPointから作られたPDFをJPEGやPNGやTIFFファイルに変換してやると、300DPI以上の高解像度画像ファイルを作成することができる。

変換はAdobe Acrobat(distillerじゃない方)を使うか、ImageMagickのconvertコマンド(Windowsの場合はmagickコマンド)で変換する。
Adobe Acrobatを使う場合はファイルメニューからエクスポートしてやればよい。
ImageMagickを使う場合は、

convert -density 2400 -compress zip input.pdf Fig%02d.tiff
magick -density 2400 -compress zip input.pdf Fig%02d.tiff (Windowsの場合)

とすると、input.pdf内のすべてのページがFig01.tiff、Fig02.tiff、Fig03.tiffのように変換される。
-densityオプションは解像度を指定しており、単位はDPI.。この場合、2400DPIである。
-compressオプションは圧縮方法を指定している。TIFFファイルの場合、圧縮しないとファイルサイズが非常に大きくなるので、通常は指定したほうが良い。

なお、ポストスクリプトプリンタのドライバにより、余白が追加されてしまう場合がある。そして、そのままconvertでtiffにすると、その余白が黒くなる。Adobe Acrobatで変換すれば余白は黒くならない。根本的にはプリンタドライバの設定(もしくはプリンタドライバそのもの)を変える。

JPEGに変換するには、

convert -density 2400 -quality 90 input.pdf Fig%02d.jpg
magick -density 2400 -quality 90 input.pdf Fig%02d.jpg (Windowsの場合)

のようにする。
-qualityオプションは圧縮率を指定している。100に近いほど、画質は良くなるがファイルサイズは大きくなる。

JPEGファイルをPDFに変換するには?

ImageMagickに付属するconvertというプログラムを使う。
ただし、Windowsで使う場合、OS固有のconvertというコマンドとぶつかるのでmagickという名称になっている。
使い方は

convert *.jpg foo.pdf
magick *.jpg foo.pdf(Windowsの場合)

のような形で使う。これにより、フォルダ内のすべてのJPEG画像が
foo.pdfというファイルにまとめられる。
全ページの横のサイズを合わせたい場合は、

convert *.jpg -adaptive-resize 2000 -density 300 foo.pd
magick *.jpg -adaptive-resize 2000 -density 300 foo.pdf(Windowsの場合)

のようにしてやるとよい。
-adaptive-resizeに横の長さを、-densityでDPIを指定する。


最終更新日


本文中のFC4はFedora ProjectのFedora Core 4を、FC5はFedora Core 5を、FC6はFedora Core 6をopenSUSEはNovellのSUSE Linux OSSを表します。Fedora7以降は、単にFedora7、Fedora8、Fedora9、Fedora10、Fedora11、Fedora12、Fedora13、Fedora14、Fedora15と表示しています。Ubuntuは、必要に応じて17.04、18.04のようにバージョン番号をつけて区別しています。

ここに登場するドメイン名やIPアドレスなどはフィクションです。実在の人物・団体等とは一切関係がありません。
実際に使用する際は、各自の環境に合わせて書き換えてください。
もし何か間違いなどありましたらこちらからご連絡ください
リンクに許可は不要です。
Copyright (C) 2014 Chikuma Engineering Co., Ltd. All Rights Reserved.