Twitterに投稿 はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加 Google Bookmarksに追加

目次 >> PDF

PDFについていろいろ

ここではPDFについていろいろて述べる。

きれいなPDFを作成するには?

昔からAdobe Acrobat(いわゆるWriter)はバグが多いが、今でも少し複雑なパワーポイントファイルなどを変換しようとすると、意図しない結果となることがままある。また、Wordなどに内蔵されているPDF出力も簡易的なものであり、出版レベルのPDFを作ることはできない。
一方、ポストスクリプトプリンタは、多くの場合意図した通りの印刷結果が得られる。
PDFに変換する際に、印刷でAcrobatを選ばず、一端ポストスクリプトプリンタドライバで出力し、それをファイルに保存して、ポストスクリプトファイルからDistillerもしくはps2pdfで変換するとより精度の高い結果が得られる。
手順は下記の通り。

1.ポストスクリプトプリンタを選択し印刷する。その際にファイルに出力するようにする。
2.拡張子がprnとなっているのでそれをpsに変える。
3.このポストスクリプトファイルをAdobe distillerかps2pdfでPDFに変換する。

ポストスクリプトプリンタのドライバは何でもよいが、自分はXeroxのプリンタを使っていることもあり、Xeroxのプリンタドライバをインストールしている。Adobe distillerは優勝ソフトであるが、ps2pdfはフリーのGhostscriptに付属している。

PowerPointスライドを高解像度のJPEGやPNGやTIFFファイルに変換する

上記の方法を使うと、非常に高精度なPDFを作成することができる。

一方、PowerPointから直接JPEGなどに変換すると最大解像度は300DPIである。

上記の方法でPowerPointから作られたPDFをJPEGやPNGやTIFFファイルに変換してやると、300DPI以上の高解像度画像ファイルを作成することができる。

JPEGファイルをPDFに変換するには?

ImageMagickに付属するconvertというプログラムを使う。
ImageMagickは各OS版があるが、それぞれに付属する。
ただし、Windowsで使う場合、OS固有のconvertというコマンドとぶつかるので
パスを通して使おうとする場合には注意が必要である。
使い方は

convert *.jpg foo.pdf

のような形で使う。これにより、フォルダ内のすべてのJPEG画像が
foo.pdfというファイルにまとめられる。
全ページの横のサイズを合わせたい場合は、

convert *.jpg -adaptive-resize 2000 -density 300 foo.pdf

のようにしてやるとよい。
-adaptive-resizeに横の長さを、-densityでDPIを指定する。


最終更新日


本文中のFC4はFedora ProjectのFedora Core 4を、FC5はFedora Core 5を、FC6はFedora Core 6をopenSUSEはNovellのSUSE Linux OSSを表します。Fedora7以降は、単にFedora7、Fedora8、Fedora9、Fedora10、Fedora11、Fedora12、Fedora13、Fedora14、Fedora15と表示しています。Ubuntuは、必要に応じて17.04、18.04のようにバージョン番号をつけて区別しています。

ここに登場するドメイン名やIPアドレスなどはフィクションです。実在の人物・団体等とは一切関係がありません。
実際に使用する際は、各自の環境に合わせて書き換えてください。
もし何か間違いなどありましたらこちらからご連絡ください
リンクに許可は不要です。
Copyright (C) 2014 Chikuma Engineering Co., Ltd. All Rights Reserved.