Twitterに投稿 はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加 Google Bookmarksに追加

目次 >> youtube-dlの使い方

youtube-dlの使い方

ここではYoutubeからビデオファイルをローカルにダウンロードするためのyoutube-dlの使い方について述べる。

最近では、スマホなどでも容易に4k動画を撮ることができるが、そのファイルサイズは極めて大きい。ローカルのハードディスクなどあっという間にいっぱいになってしまう。そこでYoutubeなどにアップロードしてローカルファイルはブルーレイなどに焼いてしまうと、ローカルのハードディスクの容量の節約となり便利である。
Googleはアップロードしたファイルのダウンロードする手段を提供していないが、オープンソースソフトのyoutube-dlを使うとダウンロードが可能である。なお、このソフトを使ってもオリジナルのファイルはダウンロードできない(解像度が同じでも再圧縮され劣化している)ので注意が必要である。

基本的な使い方

基本的な使い方は、

youtube-dl [URL]

である。URLがプレイリストの場合は、リストにあるファイルが順次ダウンロードされる。
現在の最新版を使っている場合、youtube-dlはデフォルトで複数の解像度の中から自動的に最も画質及び音質の良いものを選択してダウンロードする。すなわち

-f 'bestvideo+bestaudio

がデフォルトである。

mp4で最も高画質なものをダウンロードするには?

上記の方法を使うと、最も画質音質の良いものを選択してくれるが、webmやmkvなどになる可能性がある。
一番使いやすいのは多くの端末で使えるmp4であるので、

-f 'bestvideo[ext=mp4]+bestaudio[ext=m4a]/best[ext=mp4]/best'

とオプションをつけてやると、mp4で最良のビデオを作成してくれる。

ダウンロードしたファイルのタイムスタンプをダウンロードした時刻にするには?

タイムスタンプはアップロードされた時刻なので、ダウンロードした時刻をデフォルトにするには、

--no-mtime

オプションをつけてやると良い。

音声だけをダウンロードするには?

youtube-dl -f bestaudio[ext=m4a]

のように、-fオプションで音声の品質指定だけをしてやればよい。上記の場合、拡張子がm4aで最良の音質の物を選択している。

デフォルトのオプションを指定するには?

デフォルトのオプションをあらかじめ指定しておくことができる。

デフォルトオプションはWindowsの場合、
C:\Users\<user name>\youtube-dl.conf
もしくは
%APPDATA%\youtube-dl\config.txt
に書く。
MacやUnixの場合は、
/etc/youtube-dl.conf
もしくは
~/.config/youtube-dl/config
に書く。

中身はテキストファイルで、例えば

# Do not copy the mtime
--no-mtime
# Best mp4
-f 'bestvideo[ext=mp4]+bestaudio[ext=m4a]/best[ext=mp4]/best'

のように書く。#行はコメントである。


最終更新日


本文中のFC4はFedora ProjectのFedora Core 4を、FC5はFedora Core 5を、FC6はFedora Core 6をopenSUSEはNovellのSUSE Linux OSSを表します。Fedora7以降は、単にFedora7、Fedora8、Fedora9、Fedora10、Fedora11、Fedora12、Fedora13、Fedora14、Fedora15と表示しています。Ubuntuは、必要に応じて17.04、18.04のようにバージョン番号をつけて区別しています。

ここに登場するドメイン名やIPアドレスなどはフィクションです。実在の人物・団体等とは一切関係がありません。
実際に使用する際は、各自の環境に合わせて書き換えてください。
もし何か間違いなどありましたらこちらからご連絡ください
リンクに許可は不要です。
Copyright (C) 2014 Chikuma Engineering Co., Ltd. All Rights Reserved.